« スマホ疲れがあるみたい | トップページ | 新鮮食味 流山農産物直売所OPEN »

遺伝子修復技術が成功

特定の遺伝子を修復する技術が成功したみたいです。

原因遺伝子を特定して修復し、DNAのほかの部分を傷つけないでちゃんとした遺伝子を作るというもの。

時事通信から

肝硬変や肺気腫を起こす緯線性疾患の患者の皮膚細胞から万能細胞「人工多能性幹細胞(ips細胞)」を作り、原因遺伝子を修復した上で肝臓の細胞に変え、マウスの肝臓に移植して正常に機能することを確認した。

英ウェルカムトラストサンガー研究所などの日欧研究チームが英科学誌ネイチャー電子版に発表。同研究所の遊佐宏介博士らは、原因遺伝子だけ修復してDNAの他の部分を傷つけない方法で安全性を高め、既存の遺伝子治療法よりも効率が良い技術を実現した。

単一遺伝子が原因で起きる遺伝性疾患に幅広く応用できる可能性があるんだとか。

研究チームには、日本からは製薬大手が出資するバイオベンチャー企業「ディナペック」(茨城県つくば市)の研究者が参加した。

コメント:遺伝子操作が安全にできるようになってきたということは、応用できる疾患が広がっていきますね。こんごも期待したいです。

|

« スマホ疲れがあるみたい | トップページ | 新鮮食味 流山農産物直売所OPEN »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマホ疲れがあるみたい | トップページ | 新鮮食味 流山農産物直売所OPEN »