« つくばエクスプレス 省エネ運転導入 | トップページ | 流山市立図書館システム更新のようです »

本:未盗掘古墳と天皇陵古墳

流山市立図書館の本を紹介します。

未盗掘古墳と天皇陵古墳(松木武彦著)
日本にはかなり多くの古墳(前方後円墳とか)がありまして、考古学の先生方はひとつの古墳を何年もかけて発掘調査していることが書かれています。
未盗掘古墳とは今まで誰にもあばかれていなかった古墳のことで、これを調査することでどのような形で埋葬されているか、副葬品が置かれているかなどなど、かなり詳しく書かれています。
一方で、日本書紀、古事記などからいろいろ天皇陵を定めていますが、大きさから天皇陵といえるのに天皇陵に指定されていない古墳が2つあってどのような埋葬かは知られている。また仁徳天皇陵(堺市)も発掘されている(明治時代)ことなど書かれていて興味深いです。
天皇陵をあばくと、朝鮮からやってきた豪族がでてきて天皇ではないとの説については真っ向から否定しています。(考古学の体系的な考え方から)
暑い中ですが、エアコンの効いた部屋で古代にタイムスリップするには良い本だと思います。

|

« つくばエクスプレス 省エネ運転導入 | トップページ | 流山市立図書館システム更新のようです »

図書館の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つくばエクスプレス 省エネ運転導入 | トップページ | 流山市立図書館システム更新のようです »