« 軽井沢日帰り アウトレット増床にE7系も | トップページ | 8月2,3日は江戸川台のお祭りのようです。 »

本:おいしいから売れるのではない売れているのがおいしい料理だ

流山市立図書館の本を紹介します。

おいしいから売れるのではない売れているのがおいしい料理だ

正垣 泰彦/著
サイゼリヤの創業者が書いた本です  かなりおもしろいです。サイゼリヤファンなら是非読んでほしいです。
まず アマゾンの書評から
サイゼリヤの「ミラノ風ドリア(299円)」は、なぜ1,000回以上も改良を加えているのか ―。外食業界随一の収益力を誇るサイゼリヤの創業者、正垣泰彦氏が「日経レストラン」誌上で続ける大人気連載がついに書籍化!「安心感を与える値付け」「ヒットを生む2つの大原則」「儲かる店を作る財務」「値下げの限界点を見極める」「他店舗化のポイント」「人材の育て方」「自社の強みをどう磨き抜くか」といった、マーケティングや経営に携わる誰もが直面する課題について、正垣氏がその解決策をズバリ解答。合理的で明快な考え方に度々ハッとさせられる、ビジネスパーソン必携の1冊です。
■「はじめに」より抜粋
ただし、「自分の店の料理はうまい」と思ってはいけない。それこそが悲劇の始まりだと私は思っている。なぜなら、「自分の店の料理はうまいと思ってしまったら、売れないのはお客が悪い。景気が悪い」と考えるしかなくなってしまうからだ。商売とは、お客様に喜ばれるという形で社会に貢献し続けることなのに、そんな風に考えてしまったら、もう改善を進められなくなってしまう。
別の言い方をすると、「良いモノは売れる……」という考え方は、地球の周りを太陽や惑星が回っているという昔の世界観「天動説」と同じだ。自分たちにとって都合良く世界を見ようとするのではなく、物事をありのままに見ようと、我々は努力しなければならない。科学は実験を通して、自分の仮説(思い込み)が間違っていることを教えてくれる。<中略>だから、我々もより良い状態を目指し続けなければならない。
本書のタイトル「おいしいから売れるのではない。売れているのがおいしい料理だ」には、目の前の現実を謙虚に受け入れて、本当にお客様が満足されることは何かを見極めようという私の思いを込めている。かけがえのない人生の中で、商売を通して社会に貢献し、仲間と楽しく仕事をしていきたいと思っているすべてのビジネスパーソンに、この本が少しでも役立ってくれれば、これ以上の喜びはない。 正垣泰彦
コメント:理系がレストランを経営したらこうなるという例。サイゼリヤのクルーが持っている端末は アップルのipod touchです。理由はメーカーから導入するよりも ipodtouch を購入してプログラムを自社開発するほうが安上がり かつ 柔軟性があるからだとか。店内には無線LANのルーターがあるが、顧客向けの無線LANサービスは無いんですよね。
なんでも自分で突き詰めて考えて 自分なりの世界観で作り上げてしまうという強さがあります。
しかしながら 直近の足許は消費税増税でメニューを横ばい価格にしても客足はもうひとつの状態だそうです。経営って難しいですね。
この本を読んでますます応援したくなった感じです。

|

« 軽井沢日帰り アウトレット増床にE7系も | トップページ | 8月2,3日は江戸川台のお祭りのようです。 »

図書館の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽井沢日帰り アウトレット増床にE7系も | トップページ | 8月2,3日は江戸川台のお祭りのようです。 »